忍者ブログ
東京都世田谷区の歴史
[88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 世田谷区上用賀2-1-1 (馬事公苑)

オリンピック馬術競技優勝記念碑に用いてある石垣は、堅固な日本城郭の石畳にかたどり、穴太流の野づら積という古い様式によって築かれている。
石は江戸城の用材で、昭和40年(1965)日本中央競馬会本部の新館工事の際、地下4メートル余のところから発見された。
そこは江戸城の外郭の南側虎の門の東にあたり、寛永13年(1636)3代将軍徳川家光が、多くの大名の助役によって工事をしたところである。
石垣の所々の石面に見られる紋章や符号は石材を供出したり、石垣を築いたりした大名が、その責任を明らかにするために彫りつけたそれぞれの家のしるしである。
ここにある■は豊後国(大分県)臼杵城主稲葉一通、■は日向国(宮崎県)延岡城主有馬直純、■は豊後国佐伯城主毛利高直の記号である。

  第18回オリンピック競技大会
  THE GAMES OF THE XVⅢ OLYMPIAD
   EQUESTRIAN SPORTS 馬術競技
 WINNER  優勝者
 DRESSAGE GRAND PRIX 大■典馬場馬術
 IND 個人
 CHAMMARTIN.H.IWAOERMANNI-SWITZ
 TEAM 団体 GERMANY
  EOLDT.H(REMUS)   KLIMKE.R.(ZUX)
 NECKERMANN.J(ANTCINETTE)












PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性