忍者ブログ
東京都世田谷区の歴史
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

所在地 世田谷区三軒茶屋2-13-14

  < 銘文 >

(正面)左相州通  大山道

(左正面)右富士 世田谷 登戸 道

(背面)天下太平国土安穏 

    寛延二年(己巳)建立

    石工 江戸本材木町八丁目  石田屋■■■(花押)

    文化九年(壬申)(再力)建

    五穀成就萬民家樂

(右側面)此方 二子通 

<年代>

寛永2年(1749年)、文化9年(1812年)再建 

<伝来>

 大山道は、矢倉沢往還の俗称である。この道標は、旧大山道(大寒屋敷前経由)と、文化・文政期ごろに開通したといわれる新大山道(桜新町経由)との分れ道にあった右橋楼(三軒茶屋の地名の起こりの茶屋の一つ)の角に建てられていた。

 大山は、古い民俗信仰である石尊信仰と山岳仏教の信仰とが結合し、相模の修験道場として重きをなし、将軍をはじめ多くの人々に尊崇された。とくに文化文政期以降は江戸町人などの大山詣りが盛んになり、その案内のため大山道沿道に多くの道標が建てられた。

 この道標は、玉川電車の開通や、東京オリンピックの道路の拡幅などにより点々と移されたが、昭和58年(1983年)5月に三軒茶屋町会結成50周年記念事業の一つとして、元の位置近くに復された。 

<備考>

一、この道標は、本来は渋谷方面に向いて建てられていた。

一、相州通・二子通は、ほぼ現在の玉川通りである。

一、富士・世田谷道・登戸道は、ほぼ現在の世田谷通りである。 

 昭和59年(1984年)3月 世田谷区教育委員会

  

PR

所在地 世田谷区若林4-35-1

 吉田松蔭先生は天保元年(1830年)8月4日長門の国(山口県)萩において、藩士杉百合之助常道の次男として生れる。
 名は矩方、通称寅次郎、字名は松蔭、二十一回猛士と号す。
 吉田松蔭先生5歳(1835)のとき、世々山鹿流兵学師範の吉田家を嗣ぐ。
 吉田松蔭先生21歳(1851年)の時

不踏死比不能成善士

(男というものは、死ぬとわかっていても、殺されるとわかっていても、せねばならぬ)

と掛け軸(細木和子氏所有 2007年現在)に書き残す。
つとに尊皇攘夷を唱え憂国の志甚だ深く、海外に航して宇内の形勢を究めようとしたが果せず、安政3年(1856年)長州萩において松下村塾(鳥居脇にあるのはその模したもの)を開いて、維新の大業を翼賛した俊秀の青年、高杉晋作、伊藤博文ら多くの子弟を薫陶し、かれらに大きな影響を与えたのである。
 明治維新の先覚の士、吉田松蔭先生の愛国の至誠は、独り日本人のみならず広く世界の人々の敬仰するところである。

親思ふ こころにまさる 親心
  
けふの音づれ 何ときくらん  

 長州藩の志士吉田松陰が幕府の弾圧「安政の大獄(1858~1859)」に連座し、江戸伝馬町の獄中処刑されたのは、安政6年(1859年)10月27日のことでした。吉田松陰は死に際し、

身はたとひ 武蔵野の野辺に 朽ちぬとも
 留め置かまし 大和魂

と詠みました。自分の肉体は亡んでも、志だけはこの世に留めておくのだという、凄まじい決意を込め、30歳の若さで散ったのです。
 吉田松陰の志を継いだ高杉晋作や久坂玄瑞を始めとする門下生たちは、尊皇攘夷を唱え、ついに二百数十年間続いた幕府を倒し、維新の大業を成し遂げました。
 吉田松陰の遺骸は最初、千住小塚原に罪人として埋められていました。 松下村塾門下生、高杉晋作、伊藤博文、山尾庸三、白井小助、赤根武人等同志によって、4年後の文久3年(1863年)1月9日、長州藩の所有地であった世田谷若林の地(神苑の西方老松楓樹の下)に改葬された。同時に頼三樹三郎小林民部も同じく回向院より改葬された。
 改葬時、神社所在地一帯は、旧毛利藩主毛利大膳大夫の抱屋敷(別邸)であった故をもって、大夫山(だいぶやま)と呼ばれていた。
 明治15年(1882年)11月、吉田松陰先生門下の人々が相談し、墓畔に社を築いて松蔭神社とあがめ、吉田松陰先生の御霊をまつり、長く忠魂の鎮座する所となった。
 現在の社殿は吉田松陰没後50年際を記念して、昭和2年(1927年)に造営されたものである。
 鎮座百余年を過ぎた今日、勉学、進学、開運厄除、の神として崇敬を集めている。

<御祭神>

贈正四位、吉田寅次郎藤原矩方命(吉田松陰)

<例祭日>

春、4月27日   秋、10月27日

<神社創建>

明治15年(1882年)11月21日、元府社に列す。

<墓所>

前述の如く境内には、吉田松陰先生の墓碑を始め、安政の大獄(1858~1859)に連坐した烈士の墓碑がある。

<石燈籠>

境内には旧藩主毛利元昭公を始め、吉田松陰先生門下の木戸孝允、乃木希典、山形有朋等より奉献された三十二基の御影石の燈籠がある。その塔柱に刻されている文字は書家高田竹山の八分隷書体である。



 境内には『松下村塾』、『吉田松陰墓』、『小林民部少輔墓』、『来原良蔵多々良盛功墓』、『頼三樹三郎某姓醇墓』、『福原乙之進大江信冬墓』、『綿貫治良助墓』、『野村靖夫妻墓』、『中谷正亮源實之墓』、『徳川氏奉納の石燈籠と水盤』、『徳富蘇峰植樹の碑』、『明治百年祭記念碑』が、松陰神社霊域には『桂太郎墓』があります。

所在地 世田谷区若林4-35-1 (松陰神社)

 吉田松陰先生の教育道場であった松下村塾は、先生の叔父玉木文之進が天保13年(1842年)寺子屋を開いて、松下村塾の看板をかけたのが村塾の名の起こりである。

 松蔭先生は、嘉永5年(1852年)23歳の時は半年ほど、又安政2年(1855年)26歳の冬出獄してから安政4年(1857年)11月迄杉家で子弟を教育した。この月の5日にはじめて八畳一間の塾舎が完成、松蔭先生はこの時から塾に起居し塾生に対し師弟同行の実際教育を指導した。松蔭先生が名実共に公に認められたのは、安政5年(1858年)7月20日藩主より家学の教授を許可された29歳の時であった。これから同年12月安政の大獄に連座し投獄されるまでの5ヶ月の間の事である。実際に先生が塾生に教育を施した年月は通算2ヶ年半程であった。
 松下村塾で薫陶を受けた子弟はおよそ八十数名で、久坂玄瑞、高杉晋作、木戸孝允、山縣有朋、品川弥二郎、伊藤博文等明治維新を通して近代日本の原動力となった多くの逸材を輩出させたことは特に有名である。
 この松下村塾は山口県萩の松蔭神社境内に保存されている松下村塾を模した物である。
  昭和61年(1986年)10月吉日 松蔭神社

所在地 世田谷区若林4-35-1 (松陰神社)

吉田松陰墓所(吉田寅次郎藤原矩墓所)


 

 天保元年(1830年)~安政6年(1859年)

 長州藩士、号は松蔭。年少より大義を唱え、松下村塾を主宰、明治維新の原動力となる有為の青年を多数輩出した。安政の大獄(1858~1859)により刑死
 文久3年(1863年)1月9日、高杉晋作は千住小塚原回向院より伊藤博文、山尾庸三、白井小助、赤根武人等同志と共に、ここ世田谷若林大夫山の楓の木の下に改葬し、吉田松陰先生の御霊の安住の所とした。同時に頼三樹三郎小林民部も同じく回向院より改葬した。
 享年30歳。

所在地 世田谷区若林4-35-1 (松陰神社)
 

文化5年(1808年)~安政6年(1859年)

 諱は良典、民部權大輔、鷹司家々士。尊皇攘夷の志深く、安政の大獄(1858~1859)に連坐して獄死。小塚原回向院より改葬。享年52歳。

所在地 世田谷区若林4-35-1 (松陰神社)
 

文政12年(1829年)~文久2年(1862年)

長州藩士。尊皇攘夷を唱え横浜の外人襲撃を謀ったが、藩世子に過激を戒しめられ切腹。芝青松寺より改葬。享年34歳。

所在地 世田谷区若林4-35-1 (松陰神社)
 

文政8年(1825年)~安政6年(1859年)

儒者、本姓は橘、頼山陽の三男。尊王の大義を唱え安政の大獄(1858~1859)により刑死。小塚原回向院より改葬。享年35歳。

所在地 世田谷区若林4-35-1 (松陰神社)
 

天保8年(1837年)~文久3年(1863年)

長州藩士。討幕を策し、江戸刈谷藩邸にて古河藩兵に襲われ自刃。此の地に埋葬。享年27歳。

所在地 世田谷区若林4-35-1 (松陰神社)
 

天保7年(1836年)~元和元年(1864年)

諱は直秀、長州藩士。禁門の変により江戸長州藩邸没収の際幕吏と争い自刃。此の地に埋葬。享年29歳。

所在地 世田谷区若林4-35-1 (松陰神社)
 

文政11年(1828年)~文久2年(1862年)

長州藩士。吉田松陰なきあと松下村塾を監し、義挙を画策したが、江戸にて病死。芝清岸院より改葬。享年35歳。

所在地 世田谷区若林4-35-1 (松陰神社)
 

 禁門の変(1864年)の際、幕府によって破壊された吉田松蔭先生墓所を明治元年(1868年)木戸孝允等が修復した。
 吉田松蔭先生墓所前の葵紋のついた石燈籠(一対)と域内の水盤は墓所修復の挙を開いた徳川氏から謝罪の意を込め奉納されたものである。

所在地 世田谷区若林4-35 (松陰神社霊域)
 

 弘化4年(1847年)山口県萩に生る。
 長州藩士として幕末諸戦に参加、維新後、明治3年(1870年)、23歳にて普仏戦争中のベルリンに留学、プロシヤの兵制を学んだ。
 山県有朋、大山巌を輔けて軍政の改革を図り、参謀本部の独立、鎮台の師団改編等を行い、明治陸軍建設に大きな役割を果した。
 台湾総督、陸相の後、初めて組閣、明治37年(1904年)、首相として日露開戦の大事を決し、挙国一致これに対処し、しかも戦争の終結を深謀、戦勝を機に、外相小村寿太郎を全権として講和条約を結ばせた功績は史上に著しい。
 吉田松陰を敬慕、自らも明治33年(1900年)、台湾協会学校(現拓殖大学)を創立し、永く校長として育英に尽くした。大正元年末、三たび組閣、辛亥革命成った隣邦の孫文を迎えて会し、日中提携と東亜の経綸を議したが幾ばくもなく総辞職し、同2年10月10日急逝した。享年66歳、遺言により吉田松陰霊域に接して、当所に葬った。
  昭和55年(1980年)10月 世田谷区教育委員会

所在地 世田谷区若林4-35-1 (松陰神社)
 

 徳富蘇峰(本名 猪一郎、徳富蘆花の兄)は明治の言論人。肥後の生まれで、熊本洋学校をへて、同志社に学ぶ。政治的には桂太郎と密接な関係を持った。明治41年(1966年)自身の著述「吉田松陰」発刊にあたり植樹をおこない碑を建立した。

所在地 世田谷区若林4-35-1 (松陰神社)
 

 天保13年(1842年)~明治42年(1909年)

 吉田松陰の松下村塾に入門、次第に尊皇攘夷に傾倒していき、志士となる。その後、兄 入江九一が老中 間部詮勝暗殺を計画したとき、それに協力、未遂にて兄と共に投獄される。その後、釈放されるが、1862年にはイギリス公使館焼き討ちに参加する。
 明治維新後は宮内大丞、外務大書記となり、岩倉使節団の一員として渡欧した。その後、令神奈川県令・駅逓総監・逓信次官を歴任し、明治20年(1887年)に子爵に叙せられる。明治21年(1888年)に枢密顧問官、明治24年(1891年)に駐仏公使、明治27年(1894年)に第二次伊藤内閣の内務大臣、明治29年(1896年)に第二次松方内閣の逓信大臣となる。



所在地 世田谷区北沢2-14-1

     庚申堂の由来
干支の庚申の日に夜を守って禁忌行事を中心とする進行で起源は中国の道教にあるとされ、日本に伝来したのは平安朝以前といわれている。そのために禁忌を道教で守庚申といったが日本に伝わって独特な変化をみせて庚申さまという信仰対象を祭って礼拝するようになったのである。
昔一族の繁栄と旅人の安泰を祈願し各部落の辻々に建立されたもので道しるべにもなっていたのである。
 昭和49年(1974)4月吉日



所在地 世田谷区代沢2-32-2

   国登録文化財 日本基督教団富士見丘教会
 富士見丘教会は、日本組合基督教会に属する教会として昭和11年(1936)に献堂され、昭和12年(1937)11月12日に認可、正式に設立された。当初の教会員は、神田淡路町で礼拝を守っていた信愛教会の有志十数名、及び番町教会の有志十数名が中心であり、そのころ大阪から上京して伝道を開始していた山本忠美牧師の下で合流して教会新設を計画し、昭和10年(1935)9月、現在地に会堂建設することを決定した。
 当時、周辺は住宅地として開発途上にあり、富士山も良く眺望できた。敷地選定にあたっては、下北沢という地の利と将来性が評価されたこと、教会員の郊外居住化に伴い、その利便性を考慮したと考えられる。建築計画は教会員の加藤俊一氏が行い、昭和11年(1936)10月14日に完成した。建築費用は教会員の負担のほかに、事業活動等でまかなわれた。山本牧師は教会に程近い現代田6丁目の教会員宅の隣に居住したが、この教会員の住宅も現存しており、平成12年(2000)には国登録文化財となっている。
 教会堂の外壁は当初はクリーム色で塗装され、屋根については下屋部分(側廊)が天然スレート葺きで、本堂の屋根は瓦棒葺きであった。昭和28年(1953)には2代目東方信吉牧師の手によって愛児園が開設され、この幼稚園舎として使用するため玄関脇にトイレ部分を増築し、またその後老朽化のため幾度か修理されているが、平成14年(2002)の改宗の際には間取りを一部復元した。木造2階建、切妻造で、棟の主体部南西に塔屋を付属する。
 現在外壁は創建時に合せてモルタルにクリーム色の吹付け塗装を施し、屋根は緑青色のカラー銅板で葺いている。礼拝堂は中央を広く取り、東奥に聖壇を構え、その両脇に尖塔アーチ形のステンドグラス窓を配する。前失2階は聖歌隊席であった。
 全体にプロテスタント教会堂らしく質素平明な意匠であるが、外部のバラ窓風レリーフや、城郭を想起させる塔の鋸壁、内部のトラス小屋など、要所を飾っている。特に堂内に約3メートル間隔で入る5つのトラス小屋技法は、明治から大正時代にかけて多くの建築物に採用されてきたハンマービーム架構に平行弦トラスを組み合わせたもので、我が国の洋小屋技法の研究上、貴重である。
 平成16年(2004)2月  世田谷区教育委員会


所在地 世田谷区代沢3-27-1

江戸時代の初め、徳川家康の次男結城秀康公の位牌所として建立されました。建物に三葉葵の紋所が見られます。また境内には、樹齢400年のイチョウが一対と、お灸と2月8日の針供養で知られる淡島神社があります。このあたり一帯は緑深い木々に包まれて落ち着けます。


 本堂


 淡島堂


 弁財天


 不動堂・閻魔堂

 境内には『針塚』があります。


所在地 
世田谷区代沢3-27-1 (森巌寺)

世田谷区指定無形民俗文化財(風俗慣習)
 森巌寺の針供養


 針供養とは2月8日や12月8日、あるいは両日ともに裁縫の仕事を休み、折れ針や古針を供養する行事のことをいう。現在、森巌寺の針供養は毎年2月8日に淡島堂で行われている。堂内に置かれた豆腐に古針が刺され、住職らによって供養の法要が営まれる。供養された針は豆腐より抜き取られ、淡島堂正面にある石棺に納められる。
 森巌寺における針供養の創始は不詳であるが、安政3年(1856)刊行の『狂歌江戸名所図会』には同寺の針供養に関連した狂歌が詠まれており、遅くとも安政期にはこの地で針供養が行われており、その施灸と共にかなりの程度著名であったと思われる。
  まかり(曲り)たる針も納る淡しまハ
          人をつりこむ御夢相の灸
  淡しまに灸をそすうる女等の
          針さす癪もをさまりにけり
        (「治まる」「納める」を懸ける)
 森巌寺の針供養は、かつては広く見られた民間信仰の風潮と、道具を大切に扱った先人達の思想をいまに伝えるものとして貴重な存在である。
 平成12年(2000)1月  世田谷区教育委員会


所在地 世田谷区代沢3-25-3

 北澤八幡神社
  
本殿

    御祭神
応神天皇 比売神 神功皇后 仁徳天皇

  例大祭
九月第一土・日曜日

  社殿
本殿 祝詞殿 内拝殿 外拝殿(鉄筋コンクリート造)

神楽殿

  境内神社
産土社(産土大神) 高良玉垂社(高良玉垂命) 円海稲荷社・野屋敷稲荷社・長栄稲荷社・愛宕稲荷社(倉稲魂神) 弁天社(市杵島比売命・多岐理比売命・多岐津比売命)

高良玉垂社

  由来
文明年間(1469~1487)世田谷城主(8代左兵衛頼康のころ)の勧請により創建され、七沢八社随一正八幡宮と称された。江戸時代歴代地頭の尊信厚く、慶安3年(1650)ときの知行斎藤摂津守の八幡宮領七石四升は、前と同じに寄進することの黒印状があったが当社の別当であった森巌寺の火災により焼失した。

産土社

現在の産土社はこの本殿で、嘉永5年(1852)に建築された。
現在の社殿は、昭和53年(1978)に改築され、神楽殿は、明治26年(1893)に建築され、平成16年(2004)改築した。 


境内社



 北沢八幡の秋祭り
世田谷北辺の守護神として、吉良家によって勧請されました。世田谷七沢八社随一、正八幡と称され、人々の尊崇を集めてきました。秋の例大祭には30台もの神輿が出て、境内一帯は人々で賑わいます。とくに神輿が境内に繰り込む時は圧巻です。



 

所在地 世田谷区三軒茶屋1-10-11

浄土真宗本願寺派
 白龍山 正蓮寺


 



忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性