忍者ブログ
東京都世田谷区の歴史
[3] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

所在地 世田谷区若林4-35-1 (松陰神社)

 吉田松陰先生の教育道場であった松下村塾は、先生の叔父玉木文之進が天保13年(1842年)寺子屋を開いて、松下村塾の看板をかけたのが村塾の名の起こりである。

 松蔭先生は、嘉永5年(1852年)23歳の時は半年ほど、又安政2年(1855年)26歳の冬出獄してから安政4年(1857年)11月迄杉家で子弟を教育した。この月の5日にはじめて八畳一間の塾舎が完成、松蔭先生はこの時から塾に起居し塾生に対し師弟同行の実際教育を指導した。松蔭先生が名実共に公に認められたのは、安政5年(1858年)7月20日藩主より家学の教授を許可された29歳の時であった。これから同年12月安政の大獄に連座し投獄されるまでの5ヶ月の間の事である。実際に先生が塾生に教育を施した年月は通算2ヶ年半程であった。
 松下村塾で薫陶を受けた子弟はおよそ八十数名で、久坂玄瑞、高杉晋作、木戸孝允、山縣有朋、品川弥二郎、伊藤博文等明治維新を通して近代日本の原動力となった多くの逸材を輩出させたことは特に有名である。
 この松下村塾は山口県萩の松蔭神社境内に保存されている松下村塾を模した物である。
  昭和61年(1986年)10月吉日 松蔭神社

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性