忍者ブログ
東京都世田谷区の歴史
[131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 世田谷区世田谷1-29-18 (郷土資料館)

 標石
 銘文(正面) 
品川領用水御普請所
          
保7申歳2月
 年代      
天保7年(1836)
 伝来
 寛文2年(1662)、熊本藩主細川越中守綱利の弟・若狭守利重が品川領戸越に抱屋敷を取得したが、その邸内の泉池用に、野川村新川より仙川養水を分水して戸越上水を開削した。
 仙川養水は境村(現武蔵野市)から玉川上水を分水したものであった。細川家ではこれを寛文6年(1666)に廃止したが、早損に苦しんでいた品川領宿村の農民がこの古堀を用水として賜りたいと願い出て、翌寛文7年(1667)幕府の許可を得た。灌漑用水としては細小だったため、寛文9年(1669)幕府は水路の拡張工事を行った。
 品川用水は、本区だけでも烏山・粕谷・廻沢・船橋・世田谷・弦巻・世田谷新町・馬引沢の旧八か村を流れ、全長七里(約28キロメートル)にも及ぶものであった。上流で数ヵ所の分水口が設けられたことなどから、品川領宿村までの引水量は充分ではなく、用水をめぐる争いが絶えなかった。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性