忍者ブログ
東京都世田谷区の歴史
[125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 世田谷区世田谷1-29-18 (郷土資料館)

 庚申塔
 銘文
(正面)
奉建立 庚申塚
享保十三年 申五月十日
 年代
享保13年(1728)
 伝来
 この供養塔の本尊は、病魔・病鬼を払い退くとされる六臂三眼・憤怒相の青面金剛で、三尸を模した「見ざる・聞かざる・言わざる」の三猿を踏みつけている。小野亀善氏(三軒茶屋1-19-8)が、昭和20年(1945)頃某家よりもらい受け自宅に安置していたものである。昭和51年(1976)8月当館に寄贈された。当所の設置場所は不明。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性